時間がそのまま違う数字に

最近、ネットで遊べる放置系ゲームにハマっています。
放置系ゲームというのは、最初はクリックによってお金などの数字を増やすのが主軸です。
が、施設を増やすにつれてクリックしなくても、ただ待っているだけでお金が増えていくようになっていきます。
そして増えたお金でまた施設を買い、そうやってすごい量のお金を増やせるようになるのが目的のゲームです。
比較的新しいジャンルなので他にも呼び方があるかも知れません。
ゲームによって違いますが基本的には終わりがない事がほとんどなので、
長期間やり続けていると普通はお目にかかれないようなめちゃくちゃ大きい数字を目にする事が出来ます。
こうして書いてみるとあまりにシンプルすぎるゲームなのですが、何故か不思議な魅力があってハマってしまいました。
数字がどんどん大きくなっていく楽しさといいますか、いくらやっても終わりがないのが挑戦の欲求をくすぐります。
ゲームの画面を開いているだけで勝手にお金が溜まっていくのも遊びやすくて良い点です。
こういうジャンルのゲームは何が始まりなのか知りませんが、私はCookie Clickerというゲームで初めて知りました。
http://orteil.dashnet.org/cookieclicker/
これはお金ではなくクッキーを増やしていくゲームです。
何億、何兆とクッキーを生産し続けるというのは冷静に考えるととても面白い状況だと想います。
私は他にもいくつかやりましたが、Idleplexがグラフィック綺麗で作り込みもきちんとしているのでおすすめです。
http://www.kongregate.com/games/Kongregate/idleplex


たこ焼パーティーでたこ焼作りにハマル

この間、友達の家でたこ焼パーティーをしました。
自分でたこ焼を作ったことがなかったので、とってもワクワク。

 

もちろん、たこ焼器で作るんだけど、中に入れるのはタコだけじゃないんです。
海老やブタ肉をいれてエビ焼きやブタ焼きを作ったり、チーズを入れたりしてとても美味しかったなあ。

 

私のお気に入りはエビ焼き。
ぷりっとしたエビがとっても美味しくって、商品化も出来るぐらいだと思いました。

 

後、友達がふざけてご飯を入れたんです。
なんでも、ライスコロッケがあるんだから、ご飯でもいけると思ったらしいんです。
まあ、食べれないほどではなかったけれど、美味しいかと聞かれれば、残念ながらいまいちでしたね。

 

不器用なんで、上手く作れるか心配だったけど、思ったより簡単で綺麗な丸いたこ焼がちゃんと作れました。
作るのにはまっちゃって、最後の方は食べるよりも作る方に夢中になっちゃったり。

 

誰が一番綺麗なお店みたいなたこ焼を作れるか競争もしました。
優勝を手にしたのは、大阪出身の友達。
やっぱり一家に一台たこ焼器があるのは当然で、子供の頃からたこ焼を作っていたんだって。

 

私はというと、結果は四位と奮いませんでした。
初めてのわりには、なかなか上手だと思うんだけどな。

 

悔しいから、実はその後自分でもたこ焼器を買ってしまったんです。
ひそかに練習して、次に機会があった時には、優勝を狙おうと思っています。
でも、最近たこ焼を食べ過ぎて、ちょっと飽きてしまったのが悩みの種です。


更新履歴